top
西日本の素敵な宿・高枕
ホームへ戻る
sp
別府 「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」
sp
sp
 
 
sp
sp

このエリアのトップページへ戻る

旅亭 松葉屋の位置

マーカーをクリックすると、詳しい地図のページをご覧いただけます。

旅亭松葉屋 Beppu 旅亭・・・ 新しい旅のご提案。

旅亭松葉屋 Beppu 旅亭・・・ 新しい旅のご提案。

観海寺温泉の丘に佇む旅館での滞在。

 「旅亭松葉屋」は別府八湯の一つ、市内や別府湾を見下ろせる観海寺温泉にある。旅亭松葉屋は緑多い中庭を挟んで二つの館からなっており、本館を「丘ノ想」、新館を「月ノ想」といい、それぞれ10室と8室のこぢんまりとした落ち着いた風情である。

 どちらの館の客室も、それぞれ個性豊かな客室が配されている。「丘ノ想」は純和風の客室と、ベッドのある洋風の和室、「月ノ想」は全室風呂付で、和モダンとも言える新たな旅館スタイルを提案した客室だ。どちらの館の客室でも、現代的なセンスで清潔感のある様子は共通する。そして新館「月ノ想」にある大浴場、ロビーやラウンジ、本館「丘ノ想」にある貸切風呂もどちらに滞在しても分け隔てなく利用できるのも嬉しい。

 温泉はほんの少し硫黄の臭いのある無色透明な泉質で、男女別で露天風呂が併設された浴場と貸切り風呂が4つある。特に貸切り風呂は4つとも表情が異なり、また貸切り風呂としては大きいのが特徴だ。その中でこの宿の看板の温泉とも言えるのが、「薬師の湯」で、5メートルはあろうか、巨大な岩をくり貫いた一枚岩の浴槽で、これを貸切り風呂として湯を独り占めにするのは、なんとも言えない幸せな時間だ。

 料理は、京都で修行した料理長が作っている。季節感や地元の食材を大切にし、手の込んだ包丁さばきの光る繊細な料理で、希望、季節により地元の関アジや関サバ、豊後牛や城下かれいや河豚などをメインに食せ、サービスの中で一番気を遣っているというのも素直に納得できる内容だ。

 一見、敷居が高いかなと思える館の様子も、なぜか身構えなくていい心地良さがあるのは、館内を移動する際のちょっとしたスタッフの気遣いだったり、温泉の独り占めの贅沢感だったり、料理の味付けのやさしさだろうか。別府で数多くの宿から、ここを選ぶ人の気持ちが少し分かったような気がした。

旅亭 松葉屋の魅力を、クリックしてご覧下さい。(フォトギャラリー)

この宿を予約する

中庭 / 旅亭 松葉屋

メゾネット客室 / 旅亭 松葉屋

sp
sp
sp
メゾネット客室(月ノ想) / 旅亭 松葉屋
別府八湯のひとつ、観海寺温泉の静かな小高い丘に佇む松葉屋では、和のくつろぎをテーマに、ふたつのスタイルに分かれるお部屋をご用意しております。個性があり、オリジナリティのある宿、全18室の小さくてもきらりと光る宿にしたいとの思いがあります。
 
主に地元大分の素材を中心に、毎日新鮮な食材を季節ごとに取り揃え、目で見る彩りの豊かさ、舌で感じる味わいと食感、そして体に優しく良いものをと考慮して素材を厳選しています。
ひと手間ふた手間を掛け工夫を凝らした品や、素材が持つ本来の素晴らしさをシンプルに味わう品など、それぞれの持ち味を充分に活かしきることが大切だと考え、食を通じて喜びを感じていただくことが何よりのやりがいです。
- 料理長 下田悟 -
料理 / 旅亭 松葉屋
 
貸切風呂 / 旅亭 松屋旅館
別府八湯の一つ、観海寺温泉に当館はあります。およそ2,800本以上の源泉を誇る別府の中でも、無色透明で最もクリアな温泉といわれています。
当館では新館「月ノ想」に男女別の露天風呂併設の大浴場があり、本館「月ノ想」に3つの湯処を集めた「ゆるり少路」と岩をくり貫いた「薬師の湯」の4ヶ所貸切り風呂があります。貸切り風呂はそれぞれの大きさが大きく、ごゆっくりお入りいただけます。
 
  部屋での食事 夕、朝食ともレストランでお召し上がりいただきます。
チェック クレジットカード JCB、VISA、MASTER、AMEX、DC,UC、ダイナース
チェック 駐車場 17台(無料)
チェック 送迎 JR別府駅まで
チェック 洗面セット 歯ブラシ、歯磨き粉、フェイスタオル、石鹸
チェック バスセット バスタオル、浴衣
チェック 貸し出し品 空気清浄機

 

旅亭 松葉屋について

 

【収容人数】 50人
【客室数】 和室 9、和洋室 1、スタイリッシュモダン 3、
ジャパニーズモダン 3、メゾネット 2
【料金(1泊2食付)】 14,000円(税別)~
【ロケーション】 別府駅から車 8分
チェックイン 15時、
チェックアウト 10時(新館「月ノ想」は11時)

旅亭 松葉屋

〒874-0822
大分県別府市観海寺温泉3

この宿を予約する

 
sp