top
西日本の素敵な宿・高枕
ホームへ戻る
sp
下関旅館協同組合公式ページ
sp
sp
 
 
sp
sp

このエリアのトップページへ戻る

下関お役立ちリンク

みもすそ川別館の位置

マーカーをクリックすると、詳しい地図のページをご覧いただけます。

宿のトップページへ戻る

宿のトップページへ戻る

下関の海の幸と壇ノ浦に思いを馳せる。

 今では町名もみもすそ川となっているが、元の地名は「御裳裾川」と書く。壇ノ浦の戦で、安徳天皇とともに入水した二位尼(平清盛の妻・時子)の辞世の句から由来するこの地は、旅情を誘う場所となる。この地にあるみもすそ川別館は重厚な門からアプローチへと続き玄関までですでに物語がある。
 料理が有名で、下関の魚と季節に応じた旬を大事にし、下関の伝統的な料理法で調理している。冬の時期はフグ、オコゼ、その他の季節は鯨等料亭としても当地の接待などに多く使用され、旅行者もまた下関ならではの味覚を求めて来館している。
 基本的には料理に重きを置いているが、お風呂に関門トンネルからしみ出るミネラル分の多い海水を使ったり、古美術館を備えたりと、その他の部分でも下関を楽しんでもらうため尽力している。
 和風建築の館内ではあるがどこか異国情緒があるような感じを受ける。この下関という土地柄からそういう印象を受けるのかもしれない。

みもすそ川別館の魅力を、クリックしてご覧下さい。

この宿を予約する

みもすそ川別館

みもすそ川別館

sp
sp
sp
みもすそ川別館・客室
料亭旅館のため、部屋数は少ないですが、各部屋ともゆったりと広めに造ってあります。和室は各部屋ごとにしつらえが異なり、それぞれ違った趣があります。
 
海の素材がすばらしいここ下関で、実際にお越し頂き、納得してお帰りいただくよう努力しています。そのため、魚のおいしいタイミングを守り、下関の伝統的な料理法を守っています。季節に応じて、ふく、鯨、オコゼ、雲丹をお出ししています。鯨は、下関の店として、との思いがあり、オコゼはふくのような食べ方を下関ではします。
それぞれの季節に応じた旬の魚をお楽しみ下さいませ。
みもすそ川別館・料理
 
みもすそ川別館・館内
2005年に古美術館内にほっとできる空間が造りたいとの想いで、喫茶できる設けました。椅子等も骨董品を活かし好きな方が好きな時間にご鑑賞できるようにと思っております。
 
お一人様料金 平日料金 休前日料金
関門の海の幸コース(1泊2食付) ¥18,000 ¥20,000
ふくづくしコース(1泊2食付) ¥20,000 ¥22,000
ふくフルコース(1泊2食付) ¥30,000 ¥32,000
お子様料金 ・大人に準じたお食事の場合:大人料金の80%
・お子様ランチ:50%
・お布団のみの場合:¥3,000
・お布団もお食事も必要でない場合:無料
チェック 部屋での食事 夕食は、お部屋、または個室のお座敷で、朝食は、朝食会場でお召し上がり頂きます。
チェック クレジットカード JCB、VISA、MASTER、DC、ミリオン、AMEX等
チェック 駐車場 20台
  送迎  
チェック 洗面セット 歯ブラシ、歯磨き粉、フェイスタオル、石鹸、コップ
チェック バスセット バスタオル、カミソリ、浴衣
チェック 貸し出し品 囲碁・将棋(無料)

 

みもすそ川別館について

 

【収容人数】 65人
【客室数】 和室 5、和洋室 5
【料金(1泊2食付)】 18,000円(税別)~
【ロケーション】 下関駅ら車10分
チェックイン 16時、チェックアウト 10時

みもすそ川別館

〒751-0813
山口県下関市みもすそ川23-15

この宿を予約する

 
sp